月別: 2019年3月

腰痛はさまざまな原因から起こります

ぎっくり腰などは、仕事が忙しくストレスなどが原因になり傷みを感じるケースもあります。

以前来られていた患者様の話です。
この方は建築関係の仕事をしていて、3ヶ月休みなしで働き家に帰るのも夜中という状態が続いていました。
そして年末にとうとう動けなくなり、救急車で病院に運ばれました。

病院も痛み止めなどの治療はしたものの、痛みがとれずヘルニアと診断され一旦家に帰り、手術ができる病院を探しているという話でした。
ほほえみ鍼灸院ではこれまでヘルニアの患者様を多く治してきました。
「よければ鍼灸で治しませんか」とお声がけしたら、「ぜひとも治したい」とのことでしたので、治療に入りました。

はじめて来られたときはひどい腰痛で2本の松葉づえをついてお越しになられましたが、1回目の治療の後には一本杖になり、
そのうちに自転車で通われるまでに良くなりました。

腰痛でお困りの方はぜひほほえみ鍼灸院の鍼灸治療をお試しください。
鍼とパルス、そして温灸とマッサージで腰痛の原因となっている悪い部分を根本から治して、つらい症状を改善いたします。

ほほえみ鍼灸院
温灸治療で体質を根本改善します。
https://hohoemi-moxa.com/
03-6318-5648

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-18-2
練馬駅から徒歩4分[→詳しくは]

なかなか治らない腰痛も温灸治療で治ります


腰痛でお困りの方は多いと思います。

整形外科で診察してレントゲンを撮っても「骨には異常は無いです」と言われ、痛み止めと湿布をもらって帰って来た、という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかく病院に行ったのに症状が改善されないと、とてもつらいと思います。

整形外科では筋肉を診察しないので原因がわかりません。

腰痛には様々な原因がありますが、多いものが姿勢などの癖によって起こるものです。
体の使い方による筋肉の疲労により筋肉が短縮して伸びなくなり、骨盤についている筋肉の左右のバランスが崩れるのです。

それによって骨盤、腰椎に歪みや捻じれが出て、体の動きに骨や筋肉がついていけないのです。
そのため、神経が圧迫されて痛みやしびれおこります。

ほほえみ鍼灸院ではこうした腰痛を治療するのが得意です。

慢性腰痛やぎっくり腰などは早く治るものが多いです。
ヘルニア、脊椎間狭窄症などは少し回数をかければ良くなります。

骨盤に歪みが出ると脊髄が曲がり、猫背や側弯になったり、その曲がりが首の骨までつながって、頑固な肩こりや頭痛・耳鳴りを起こしたりします。

ほかにも頸椎には自律神経や脳につながる血管があるので、不眠症・うつ病になったり、顔面神経が圧迫されると顔面神経麻痺などを起こすこともあります。

これらの症状にも私たちの温灸をつかった治療は良く効きますので、お困りの方はぜひご相談ください。

ほほえみ鍼灸院
温灸治療で体質を根本改善します。
https://hohoemi-moxa.com/
03-6318-5648

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-18-2
練馬駅から徒歩4分[→詳しくは]

乳がん、子宮頸がんなどのがんは低体温から

ほほえみ鍼灸院には過去にガンを患われた方が多く来てくれています。

ガンを経験された方の多くが35度台と体温が低いと言われています。
健康な人の体温は36.5〜37.0度とされていますが、最近では平熱が36.0度を下回る方が多くなってきています。

では、体温が低くなると体の中ではどういうことが起こるのでしょうか。
体温が低くなることで、血液の循環が悪くなります。
そして尿酸や乳酸、ピルビン酸などの老廃物が血液中に増えてしまい、ドロドロの血液となってしまいます。

食べ過ぎや運動不足などによって血液が汚れた状態になると「体に冷え」を招き、さらに血液循環が悪くなって老廃物が体に溜まることになります。
血液は全身の細胞に酸素や生命活動に必要な栄養を運び、いらなくなった老廃物を回収して腎臓や肺に運んで尿や呼気、汗として体外に出しています。

体の冷えはガンや万病を招きます。
血液循環を良くすることが健康を取り戻し、ガンなどの病気を繰り返しにくくなります。

20年前に60代で小腸ガンになった女性の方は、手術後体温を上げるためにほほえみ鍼灸院の温灸治療に通ってこられました。
そして現在は80歳を迎え元気に暮らしています。

また不妊治療で来られた患者さんの中にも、子宮頸がん、乳がんを経験された方ももいらっしゃいます。
ある患者様は血液が上半身にまわり、下半身には回りづらくなったため冷えのぼせがひどく体調が優れない状態でしたが、温灸治療をして体全体に血液をまんべんなく循環できるようになったことで、がんの再発はありません。

ガンを経験された40歳を超えた方でも、元気になりお子さんが授かった方もいらっしゃいます。

ガンを患ってつらい思いをされている方、是非ほほえみ鍼灸院の温灸治療をお試しくださいね。

ほほえみ鍼灸院
温灸治療で体質を根本改善します。
https://hohoemi-moxa.com/
03-6318-5648

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-18-2
練馬駅から徒歩4分[→詳しくは]

めまい、耳鳴り、難聴、メニエール病の治療は鍼灸で

突然起こるめまい、耳鳴り、難聴を耳鼻科などで診察してもらうとメニエール病と診断される方が多いです。

原因は内耳のリンパが過剰に溜まり水膨れのようになっていることが多いようです。
では、なぜそのようになるのでしょうか?

ストレス、睡眠不足、疲労が引き金になっているといわれます。
私もそのような症状の方を治療をしてきましたが、みなさんやはりとても疲れています。

メニエール病のような症状が出る前に忙しく、疲労が溜まっていたと思います。
体を診てみると首や肩が異常に硬く、頭への血流やリンパの流れが悪くなっています。
その為に内耳のリンパが過剰に溜まった状態になってしまうのです。

東洋医学では腎の疲労が耳に出るといわれます。
肝臓の疲れは目に出ます。
疲れた時に目がかすむという経験をされた方もあると思います。

「肝腎カナメ」の腎臓と肝臓はとても大切な臓器です。

体の疲労を取ることがとても大切です。
薬だけでは良くならない方も多いです。
鍼灸治療はこうした体の疲れにとても早い効果があります。

耳鳴りは慢性化すると治りにくくなります。
どうかひどくなる前にほほえみ鍼灸院の温灸治療をお試しいただけたらと思います。

ほほえみ鍼灸院
温灸治療で体質を根本改善します。
https://hohoemi-moxa.com/
03-6318-5648

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-18-2
練馬駅から徒歩4分[→詳しくは]

 

病院で顎関節症と言われた方が、三叉神経痛で鍼灸治療1回で完治しました

ほほえみ鍼灸院の一般治療のホームページを開設して約1ヶ月。
顔面や口の中に激痛が走り、病院で「顎関節症」と言われ、辛い症状でお悩みの方ががホームページをご覧になられて治療にお越しになられました。
https://hohoemi-baby.net/moxa/casestudy/?p=41

鍼灸治療は初めてとのことなので、院長が治療に入りじっくりお話を伺いました。
すると、この方は顎関節症ではなく、三叉神経痛の症状であることがわかりました。
三叉神経痛は顔の感覚を司る三叉神経が血管などによって圧迫されることで、突発的に顔面や口の中に激痛が走る病気です。
鍼とパルス、温灸治療を施し、1度の治療でよくなられました。

一方、顎関節症は顎ががくがくして音がして、物が食べにくく痛みがありますが、鋭い痛みが起こることはありません。
口が開かない、あごを動かすと痛むし音がする症状です。
あごの関節がずれている方なども1度の鍼灸治療で治すことができます。

日曜、祭日も診療しておりますので、お困りの方はご相談ください。

ほほえみ鍼灸院
温灸治療で体質を根本改善します。
https://hohoemi-moxa.com/
03-6318-5648

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-18-2
練馬駅から徒歩4分[→詳しくは]